WordPressでサイトの表示スピードを改善するのでR ver.2

前の記事で、プラグインでサイトの表示スピートを改善することを試みたのでR。

しかし、

そのプラグインでは、スマホの表示に一部不具合があったのでR。

そこで、他の方法を調べてみたのでR。

すると、ここや、ここにあるように、.htaccessファイルを編集する方法があったようでR。

これによれば、前の記事の、3.圧縮を有効にする、が改善できそうでR。

使用しているサーバーのpublic_htmlを覗いて、.htaccessファイルを編集するのでR。

そして、ここや、ここにあるように、

<IfModule mod_expires.c>

</ifModule>

の間に、

#圧縮の設定
AddOutputFilterByType DEFLATE text/plain
AddOutputFilterByType DEFLATE text/html
AddOutputFilterByType DEFLATE text/xml
AddOutputFilterByType DEFLATE text/css
AddOutputFilterByType DEFLATE application/xml
AddOutputFilterByType DEFLATE application/xhtml+xml
AddOutputFilterByType DEFLATE application/rss+xml
AddOutputFilterByType DEFLATE application/javascript
AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-javascript

を挿入したのでR。

そして、元の.htaccessファイルと置き換えたのでR。

FFFTPなどを使って置き換える場合は問題ないと思うが、サーバーからダウンロードしてファイルを書きかえると、場合によっては.htaccessファイルが、先頭にドットのないhtaccessファイルとなることがあるので注意が必要でR。

その場合は、サーバー上のhtaccessを.htaccessにする必要があるのでR。

置換した.htaccessファイルで、GoogleのPageSpeed Insightsで表示のスピードのチェックすると、

明らかに早くなったのでR。しかも、不具合もないようでR。

そして、パソコンでのPageSpeed Insightsの判定で、

が、

と、修正が必要:から修正を考慮:に変更されていたのでR。






この記事をシェアできます。

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』
WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』