Serverを調べる際のドメインのDNSを調べるのでR

WordPressを使うサーバーにはいろいろあるのでR。

しかし、

自分でサーバーを立ち上げるとなると、いろいろと管理も大変なのでR。

そこで、

多くの人はレンタルサーバーを借りていると思うのでR。

しかし、レンタルサーバーもいろいろとあるのでR。

使った経験からいうと、容量も大事でRが、安定性と速さがやはり大事なのでR。

中でも速さはここここの記事などでも書いたように、自分ではどうすることもできない要素なのでR。

そこで、レンタルサーバーを借りる際に転送量も重視したいのでR。

そのため、

サーバーの能力を改善するには、レンタルサーバーでは、引越することも多々あるのでR。

WordPressであれば、その引越しは、プラグインの「All-in-One WP Migration」が素晴らしいのでR。ここにそれに関する記事を書いたのでR。

しかし、引越しすると、ドメインのDNSも変更しないといけないのでR。

DNSについては、ここを見るのでR。

引越に際してはドメインのDNSを変更するのでRが、移行したサイトがどのサーバーかをうまいこと判断しないと、キャッシュなどで引越し前の古いサイトが表示され、引っ越し前か、引っ越し後かわかりにくくなり、ややこしいのでR。

そこでそのDNSを知るには、

http://www.mse.jp/ip_domain/index.shtml

を利用するのでR。

利用の仕方は、ミーのサイトであれば、

として、

となって、ミーのドメインのDNSがNS1.XSERVER.JPであることから、サーバーがXサーバーかもと分かるのでR。

この方の記事が参考になったのでR。



この記事をシェアできます。

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』
WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』