WordPressをローカル環境でインストールする前段階なのでR、XAMPP編



レンタルサーバーへのWordpressのインストールは簡単でR。

Xサーバーでも、「自動インストール機能にて簡単に導入いただけます。」と書いてあるのでR。

その通り、

簡単でR。とても素晴らしいのでR。

Xサーバー以外でも、ロリポップでも、さくらサーバーでも同じく簡単にできるのでR。

そのため、

Wopdpressでサイトを運用する際には、レンタルサーバーはありがたいのでR。

しかし、

WordPressのテーマに興味が出ると、ローカル環境でも自分なりに試したいのでR。

そこで、ここでは、ローカル環境でWordpressをインストールするまでの記事を描くのでR。

ここに、詳しく載っているのでR。

その方によると、

「WordPressを動かすためには、最低限 Apache というWebサーバソフトウェア、PHP、MySQL というデータベース管理システムが必要です。」とのことでR。さらに、「こちらは別々にインストールしても良いのですが、Windowsであれば XAMPP for Windows、Macであれば XAMPP for Mac OS X または MAMP をインストールすれば1手間で済みます。」とのことでR。

なるへそでR。

そこで、XAMPP for WindowsをダウンロードするのでR。

f0012

インストールすると、

f0013

が出た。これはこちらによると、OKでよいみたいでR。次に

f0014

を選択するとよいみたいでR。選択してNextするのでR。

次のSelect a folderもそのままでNextするのでR。次でアクセスを許可するを選ぶのでR。

f0015

下を✔して、FinishするのでR。

f0016

起動後に下となっていればよいみたいでR。

f0017

エラーの場合は、こちらを見るのでR。

ApacheをStartするのでR。

f0018

MySQLもStartしたいのでRが、アクセスを許可するを選んだら、StartするようでR。

f0019

これで前段階が済んだのでR。いよいよ次はWordpressちゃんの出番でR。





月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』
WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』
年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─


この記事をシェアできます。