WordPressのphpにおける文字列を操作するのでR

WordPressのテーマをいじる際には、phpの知識も必要となるのでR。

特に、

文字列を操作する際には、うまくしないとなかなか希望通りとならないのでR。

そこで、

ここが参考になるのでR。

以下の例は、ここに基づくのでR。

①連結の演算子は、 . を使う。

$s = $head . $tail;	// 連結した値を代入

$t = $head;
$t .= $tail;	// 末尾に付加

②文字列から部分的な抜き出しは、 substr() を使う。

$s = 'abcdef';
$t = substr($s, 2);	// "cdef" 0から数えて2番目以降

$t = substr($s, 0, 2);	// "ab" 0から数えて0番目から2文字長

③文字列からの検索は、 strpos() を使う。

if (strpos("abcdef", "c") !== false) {	// 見つかった位置(0番目から)を返す
    echo "見つかりました!";
}

if (strpos("abcdef", "c", 3) !== false) {	// offset3指定だと"def"から探索
    echo "見つかりました!";
}

④文字列を置換するは、 str_replace() を使う。

$s = "abcabcabc";

$t = str_replace('a', 'A', $s);	// "AbcAbcAbc"
$t = str_replace('a', '', $s);	// "bcbcbc"
$t = str_replace('abc', '@abc', $s);	// "@abc@abc@abc"
$t = str_replace(array('a', 'b'), array('A', 'B'), $s);	// "ABcABcABc"
$t = str_replace(array('a', 'b'), '', $s);	// "ccc"

⑤文字列を位置で置換するは、 substr_replace() を使う。

$s = "abcabcabc";

$t = substr_replace($s, 'ABC', 3);	// "abcABC" 位置だけ指定
$t = substr_replace($s, 'ABC', 3, 3);	// "abcABCabc" 位置と長さ指定
$t = substr_replace($s, 'ABC', 0, 0);	// "ABCabcabcabc" 先頭に追加
$t = substr_replace($s, 'ABC', -1, 1);	// "abcabcabABC" 末尾を置換

とするのでR。

ちなみに、

文字列のカウントは先頭が0番目からの配列となっているので、注意するのでR。






この記事をシェアできます。

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』
WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』