WordPressの記事をランダムにTwitterに投稿するのでR

FacebookやTwitter、Instagram、TumblrはSNSの代表となったのでR。

特に

WordPressのプラグインでも、FacebookやTwitterとの連携は多いのでR。

そこで、

Twitterと連携してみるのでR。

Twitterで、Wordpressの投稿毎に自動的にTwitterに連携投稿するには、「WP to Twitter」があるのでR。

詳しくは、

大元のここか、導入の仕方は、ここに記述してあるのでR。

ただし、

投稿毎の自動投稿なので、Wordpressのサイトの構築から随分と経っている場合に導入すると、Wordpressの投稿をすべて更新しないといけないので(たぶん)、めんどうだったのでR。

そこで、

ランダムにテキトーに投稿してくれるプラグインを見ると、

「Tweetily」なるプラグインがあるようでR。

詳しくは、

大元のここか、導入の仕方は、ここに記述してあるのでR。

そこで、

「ダッシュボード」→「プラグイン」→「新規追加」で、「Tweetily」をインストール・有効化するのでR。検索して出なかったので、大元のここからダウンロードして、アップロードにてインストールしたのでR。

すると、

「ダッシュボード」の「設定」の下あたりに、

f0069

が出るのでR。

Tweetilyを選ぶと、

f0070

のような設定がでたのでR。

はじめに、

Sign in with Twitterで連携して、

あとはここの詳しい内容を参考に自分なりに設定すればよいのでR。

試しに、設定の一番下にあるTweet Now!を押してみたのでR。

すると、

エラーとなった………。

みると、

f0071

OOPS!!!なのでR。どうも選んだShort URLがまずいみたいでR。ちなみに選んだのは、URL Shortener Service:1click.atでR。

そこで、

Use URL shortner?:
Shorten the link to your post.での✔をはずして、再びUpdate Tweetily Optionsを押して、もう一度Tweet Now!すると、

f0072

となり、TweetされていたのでR。






この記事をシェアできます。

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』
WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』