WordPressでサーバーの引越しを行うのでR

WordPressでサーバーの引越しを行うのは、意外とめんどうでR。

特に、

データー量が多いと、移行するのは、ついみあわせてしまうのでR。

しかし、

表示や更新の速度など、または、ローカル環境で試す場合などを考えると、データーを移行するのはやむをえないのでR。

そこで、

FTPなどですると、大変でRが、プラグインで済むと便利なのでR。

そこで登場するのが、

「All-in-One WP Migration」でR。ここに詳しくあるのでR。実は、これは、とってもかっこいいプラグインで、サーバー移行の神様でR。使うと神様であることがよく分かるのでR。

「ダッシュボード」→「プラグイン」→「新規追加」で、「All-in-One WP Migration」を検索するのでR。

すると、

f0073

神様が現れるのでR。

インストール・有効化すると、

f0074

が「ダッシュボード」上にあらわれるのでR。選択すると、

f0075

Export、Import、BackupsがあるのでRが、サーバーの移行は、Export、Importを使うのでR。

移行元のサーバー(現在運用中のデーターがあるサーバー)から、下のExportにてファイル保存先を選び、DownloadするのでR。

f0076

そして、

移行先のサーバー(新しく導入したいサーバー、Wordpressがインストールされていることが前提、ただし、インストールした直後の導入したDefaultのままでよいのでR)にも「All-in-One WP Migration」をインストール。有効化して、今度はそっちの「All-in-One WP Migration」で、Importにて先にExportしたファイルを選ぶのでR。

f0077

ただし、

512Mで制限があるので、それ以上の場合は、GET UNLIMITEDするために、たぶんマネーが必要だと思うのでR。

Importすると、他はなにもしなくてもサーバーが移行されているのでR(DBの設定もしてくれるようでR)。

(ここが、まさに神様でR。なんどもサーバー移行で助けて頂いたのでR。)

しかし、

癖のあるサーバーの設定の場合は、たぶん自分でしないといけないのでR。

しかし、

WordPressの修正だけですむ場合は、移行先のサーバーと移行元のサーバーのWordpressを比較して、ごにょごにょしないといけないのでRが、大幅に難しい箇所を修正しなくても大丈夫だったのでR。

ただし、

WordPressのuser IDやパスワードも移行されるので、そこは注意が必要でR。






この記事をシェアできます。

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』
WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』