WordPressで固定ページに画像のギャラリーを設定するのでR



WordPressで固定ページに画像のギャラリーを設定するには、いくつもの方法があるのでR。

ここを見ると、その方法が紹介されているのでR。

どれもよさそうだが、簡単にして実施みたいのでR。

例えば、特定の固定ページに、

□ □ □

□ □ □

□ □ □

のように簡単に小さめの画像が並んでいるだけでもよいのでR。

その時は、大がかりなプラグインよりも、軽めのプラグインがよいのでR。

探すと、

プラグイン「Easy Image Display」が希望通りだったのでR。このプラグインの詳細は、ここにあるのでR。

「ダッシュボード」→「プラグイン」→「新規追加」で、Easy Image Displayを検索、インストール、有効化すると、設定にはなにもないのでRが、

[sb_easy_image]

と固定ページに張り付けるだけで、実現したのでR。

しかし、

画像のフォルダのすべてが対象となっているので、除外しないといけない画像もあるのでR。

その時は、

画像のIDが必要となるのでR。画像のIDを取得するのは先の記事にあるプラグイン「Reveal IDs」でできるのでR。

例えば、除外する画像のIDを123とすると、

[sb_easy_image filter=”exclude” ids=”123″]

とすればよいのでR。

その他にもランダムな画像の場合は、

[sb_easy_image order=”random” filter=”exclude” ids=”123″]

とすればよいのR。

その他にも画像の数を指定する場合は、

[sb_easy_image num=”3″ order=”random” filter=”exclude” ids=”123″]

とすればよいのでR。

ちなみに、「Easy Image Display」のサポートは、ここにあるのでR。画像のサイズなども変更できるようでR。

ちなみに、Optionsの設定は、ここにあったのでR。それによると、

f0129

でR。

ちなみに、link=”attachment”ではattachment pageにリンクするために、これをpost pageにリンクするように解決するには、ここの記事をみるのでR。





月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』
WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』
年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─


この記事をシェアできます。