WordPressのUpdraftPlusで警告がでた場合の対処なのでR

WordPressのバックアッププラグインはいくつかあるのでR。

ここに、有名なプラグインの10個が紹介されているのでR。

ミーはUpdraftPlusを以前から利用しているのでR。

しかし、

UpdraftPlusは、一時期から使用者が増えたためか、いろいろと設定が変化したり、問題があった時は、https://updraftplus.com/に問い合わせて飛ぶような仕様が多くなったのでR。

さらに、日本語では

や、英語では

といった警告の出る仕様も増えたような気がするのでR。今回は、Wordpressを4.7にUpdateした際に出たのでR。以前もWordpressのUpdate後に、警告が出たような記憶があるのでR。

それは、

のチェックをあえて外した時に起こるのでR。

しかも、警告を隠そうとしても、これが、UpdraftPlusの設定や仕様ではできないようなのでR。

そこで、ミーは奮発して、UpdraftPlus Premiumを購入したはずのでRが、それでもやさしくいろいろと警告が出ちゃうのでR。

警告が出ると、Wordpressの動作上でも確認画面などがよく出るようなので、なんとか消したいのでR。

ただし、むやみにUpdraftPlusの設定をいじると、せっかくの設定が分からなくなったりすると怖いのでR。

そこで、以下の方法で大丈夫だったので、ここに記載するのでR。

一回、「ダッシュボード」→「プラグイン」→「インストール済みプラグイン」の一覧から、

UpdraftPlus – Backup/Restore
アドオンを管理 | アドオン / プロサポート | 設定 | 停止 | 編集

を探して、停止して、

UpdraftPlus – Backup/Restore
有効化 | 編集 | 削除

de-install(削除)するのでR。

UpdraftPlus – Backup/Restore を削除しました。

を確認して、そして、https://updraftplus.com/にログインして、再度下からのDownloadするのでR。

そして、「プラグイン」→「新規追加」→「プラグインのアップロード」からDownloadしたUpdraftPlusのZipファイルを読み込み、プラグインを有効化するのでR。

そして、

プラグインの一覧から上を探して、Check for updatesをクリックするのでR。

すると、警告が消えて、

となるのでR。

なお、UpdraftPlusの設定を確認すると、以前の設定が引き継がれていて、これまた安心だったのでR。






この記事をシェアできます。

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』
WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』