WordPressでカテゴリの一覧をコードでするのでR



WordPressのウィジェットではカテゴリの項目があるので、それでカテゴリの一覧が完成するのでR。

しかし、

コードでするには、ループの記述も必要となるのでR。

そこで、これを探すと、

ここに参考となる記事があったのでR。

このまま、

<ul>
    <?php $cat_all = get_terms( "category", "fields=all&get=all&exclude_tree=12&exclude=11" ); foreach($cat_all as $value): ?>
<li><a href="<?php echo get_category_link($value->term_id); ?>"><?php echo $value->name;?>(<?php echo $value->count;?>)</a></li>
   <?php endforeach; ?>
</ul>

とソース内に記述するとちゃんとでたのでR。

しかし、exclude=11はこの方の除外カテゴリIDなので、これを自分用に合わせないといけないのでR。

カテゴリのIDを調べるには、これまたいい記事があったのでR。それがここでR。

「IDを確認したい投稿にマウスカーソルを合わせると、ブラウザ(画像はGoogle Chrome)の左下にURLが表示されます。」とのことなので、これを試すと、自分の除外したいIDがわかったのでR。

そこで先のソースを例えば除外したいカテゴリIDが17とすると、下の様に自分のに合わせて、

<ul>
    <?php $cat_all = get_terms( "category", "fields=all&get=all&exclude=11" ); foreach($cat_all as $value): ?>
<li><a href="<?php echo get_category_link($value->term_id); ?>"><?php echo $value->name;?>(<?php echo $value->count;?>)</a></li>
    <?php endforeach; ?>
</ul>

としたら、ちゃんと除外されたのでR。

ただし、このままでは、カテゴリの一覧に

・カテゴリ1
・カテゴリ2
.
.
.
・カテゴリ8

のように、前に・がつくのでこれをなくしたいのでR。

それには、

ここの記事が参考となるのでR。style=”list-style:none”を追加するのでR。

これを参考に、さっきのコードを、

<ul style="list-style:none;">
    <?php $cat_all = get_terms( "category", "fields=all&get=all&exclude=11" ); foreach($cat_all as $value): ?>
<li><a href="<?php echo get_category_link($value->term_id); ?>"><?php echo $value->name;?>(<?php echo $value->count;?>)</a></li>
    <?php endforeach; ?>
</ul>

とすると、希望するカテゴリの一覧となったのでR。





月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』
WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』
年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─


この記事をシェアできます。