WordPressでページに使われているファイルを知るのでR

WordPressでは、様々なファイルをイブンなりにいじることができるのでR。

そのため、ページの見た目も、自分なりに改造が出来るのでR。

しかし、

改造しすぎると、どのファイルをいじったのか、時々、忘れてしまうのでR。

元のファイルとの変更点をちゃんと理解しているのであればよいのでRが、時に勢いで改造すると、それを怠ってしますのでR。

そして、

あとでどのファイルをいじったのか、忘れて困るのでR。

その時、表示されたページがどのファイルを使っているか分かると便利なのでR。

そのプラグインが、「What The File」なのでR。

このプラグインのサイトは、ここにあるのでR。

「ダッシュボード」→「プラグイン」→「新規追加」で、What The Fileを検索して、インストーるして、有効化するのでR。

すると、

ログインしているWordpressの上の黒帯のところの画面の右上に、

と出るので、ここで使われているファイルが分かるのでR。

この場合だと、single.phpとTemplate Partの階層下のファイルが使われていることが分かるのでR。





月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』
WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』
年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─




この記事をシェアできます。