WordPressでマルチサイト化を試みて、参加サイトに表示されないトラブルがあったのでR

今まで、Wordpressは、一ドメインに、一Wordpressとしてサイトを作っていたのでR。

ただし、どんどんとドメインが増えるので、やばい、と思ったのでR。

そこで、マルチドメイン化を試みたのでR。

それには2種類あるのでR。

①サブドメインによるもの、(hogehoge.naruhesogoma.netのような)

②サブディレクトリーによるもの(naruhesogoma.net/hogehoge/のような)

なのでR。

とりあえず、サブドメインがかっこいいので、こちらを試みたのでR。

そのために、

そして、このマルチドメイン化については、すでに多くのサイトで紹介されているのでRが、それを参考にやってみたのでR。

例えば、

WordPress をサブドメインでマルチサイト化する

wordpress:マルチサイト化する手順

複数サイト運用方法(サブドメイン型)

WordPressのマルチサイト化の方法とトラブル対応

WordPressでマルチサイト化をするにあたり、サブドメイン型が良いかサブディレクトリ型が良いか改めて考えてみる。

サブブログ作ろう!エックスサーバでサブディレクトリに新しいWordPressサイトを作る方法

などでR。これを読むと、

多くの場合の

その手順は、A手順とすると

①wp-config.phpに、define(‘WP_ALLOW_MULTISITE’, true);を記述

②Wordpress管理画面で「ツール」→「ネットワークの設定」でインストール

③.htaccessの編集

なのでR。

ただし、xサーバーの場合は

、下の手順をB手順とすると

①サブドメイン追加

をしなければいけなかったかもなのでR。そこで考えると、A手順なしで、B手順だけの単純な作業で、サブドメイン化ができたかもなのでR。

ここ、

めちゃんこ注意

なのでR。

よって、2サイトのマルチサイト化を試みたのでRが、結局、A手順とB手順の両方を踏んだために、

「マルチサイトでサイトを追加しても参加サイトに表示されるはずのサイトが表示されなかったのです。

追加するサイトを同じユーザーで作らないと表示されない
メールアドレスを同じにしないと・・・」

from wordpressのマルチサイトで【参加サイトに表示されない】理由は簡単なミス

というトラブルがあったのでR。

本当は、B手順だけでよかったのかも

なのでR。

ただし、

A手順して、B手順して、一サイトのマルチ化して、その後に、B手順のみで、もう一サイトのマルチ化したために、

真相はわからない

なのでR。

後日、真相がわかった

のでR。

それは、この記事の下の方を見るのでR。

ただし、【参加サイトに表示されない】は痛いのでR。

そこで、

これを修正するために、

「参加サイト」→「ネットワーク管理」→「ユーザー」で一回、表示されていないサイトの登録を削除して、

「参加サイト」→「ネットワーク管理」→「サイト」→「すべてのサイト」で、

該当するURLを選んで、

そうして、既存のユーザーの追加で、特権管理者である親ユーザーのユーザ名と権限を選んで、

再度登録しなおさないといけなかったのでR。

これで、マルチ化したサイトすべてが、参加サイトに表示されたのでR。

真相

その真相は、

B手順

では、

特権管理者である親サイトの「ダッシュボード」に、

「参加サイト」や「ネットワーク管理」そのもののリンクが、

ない

、ことがわかったのでR。

そのため、hogehoge.naruhesogoma.net/wp-admin/

でもって、そのサイトに直接にログインして、ログイン後の作業をする必要があるのでR。





月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』
WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』
年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─




この記事をシェアできます。