WordPressのCopyrightを更新年も含めてJavascriptとphpで表記するのでR ver.2

以前に、ここの記事で、Copyrightを更新年も含めてJavascriptとphpで表記するを書いたのでR。

しかし、

PageSpeed Insightsで実行すると、そこには、こう書いてあったのでR。

「診断アプリケーションのパフォーマンスに関する詳細。これらの数値は、パフォーマンス スコアには直接影響しません。

document.write() を使用しない」

document.write()を使用しない…。

そこで、以前のコードを見ると、

<script> myDate=new Date(); myYear=myDate.getFullYear (); document.write(myYear);</script>

とJavascriptでは、それがあったのでR。

そこで、

これを改良したのでR。

<div id="acopyright"></div>
<script>
document.addEventListener( 'DOMContentLoaded', function() {
    myDate=new Date();
    myYear=myDate.getFullYear ();
    document.getElementById( 'acopyright' ).innerHTML = '&copy; 2018-' + myYear + ' <a href="https://hogehogenisshi.com/">ほげほげ日誌.com</a>';
} );
</script>

これでいけたのでR。

ちなみにphpの場合は、前のままでいけるのでR。





月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』
WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』
年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─




この記事をシェアできます。