ChromeOSを古めのノートPCに導入するのでR

ここに古めの5年前ぐらい前のノートPCがあるのでR。

ただし、確かスペックはわるくなかったのでR。

ただし、Windows 10ではかなり重たいのでR。

もともとはWindows 8.1のものだったのでRが、Windows 10では重たいものの、がしかし、メモリ8GBで、CPUCore i7 3667Uなので決してわるくはないスペックなのでR。

液晶もたしかIPSで結構いいマシーンだったのでR。

そこでWindows 10ではきびしいいも、これにChromeOSを導入するのでR。

ChromeOSは現役のマシーンでも、WindowsOSでは以前スペックのマシーンでも十分よいのでR。メモリ8GBで、CPUCore i7 3667Uなら超いけてるChromeOSマシーンになるはずなのでR。

そこで、これを試みたのでR。

どうやら方法は2種類あって

1.「CloudReady」(クラウドレディ)を使う

2.純粋なChromeOSを導入する

があるようなのでR。

1.は簡単にインストールできるみたいでRが、いかんせんGoogle Playが使えないという致命的な欠点があるのでR。

そこで、1.はやめて、2.にするのでR。

そのために調べると、

1.公式 Chrome OS で Dell Inspiron 14-3452 を Chromebook 化してみた。

2.GooglePlay入りの純粋な「ChromeOS」を普通のパソコンにインストールする方法

3.Chrome OS をインストールして Google Play を使う方法

4.パソコンをChromebook化。Google PlayストアでAndroidアプリの利用も可能にする!

5.Chrome OSを超低スペのPCにインストールしたらこうなった

らへんのサイトがおすすめなのでR。

内容的には、ここに書いてあるように

1) Linux Mint

2) Rufus

3) Brunch

4) install.sh

5) Chrome OS recovery image

が必要なのでR。そして5)では、https://cros-updates-serving.appspot.com/を見て、Brand namesのChromebookに近いCPUのスペックの機種を選ぶのでR。これは、https://cros.tech/でも確認でくきるのでR。

インストール中に右クリックできない場合は、

右クリックをキーボードで代用する方法―脱マウス計画が参考になるのでR。

これでChromeOS化すると、何世代か前のWindowsでも、使えるマシーンに生まれ変わったのでR。


月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』
WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』
年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─




この記事をシェアできます。