WordPressで権限でのコンテンツの閲覧を制限するのでR



WordPressではコンテンツの扱いに権限があるのでR。

管理者
編集者
登録者
寄稿者
購読者

でR。

この権限でのコンテンツの閲覧を制限するのでR。

それには、

プラグイン「Private Content」が便利なのでR。このプラグインの詳細は、ここにあるのでR。

「ダッシュボード」→「プラグイン」→「新規追加」で、Private Contentを検索して、インストール、有効化するのでR。

そして、

閲覧の制限するコンテンツに、

[private role="administrator"]管理者のみのコンテンツ[/private]

のようにするのでR。

編集者以上(管理者も閲覧できる)の制限は、

[private role="editor"]編集者以上で閲覧ができるコンテンツ[/private]

登録者以上は、

[private role="author"]登録者以上で閲覧ができるコンテンツ[/private]

寄稿者以上は、

[private role="contributor"]寄稿者以上で閲覧ができるコンテンツ[/private]

購読者以上は、

[private role="subscriber"]購読者以上で閲覧ができるコンテンツ[/private]

とするのでR。

その他にも、以上でなく、のみ、でする場合は、

[private role="editor-only"]編集者のみが閲覧できるコンテンツ[/private]
[private role="author-only"]登録者のみが閲覧できるコンテンツ[/private]
[private role="contributor-only"]寄稿者のみが閲覧できるコンテンツ[/private]
[private role="subscriber-only"]購読者のみが閲覧できるコンテンツ[/private]

とすればよいのでR。





月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』
WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』
年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─


この記事をシェアできます。